代表取締役 矢野貴夫

お客様からよく聞かれること

主にめがねを取り扱っているのに、なんで時計店なの?

メガネの矢野に改名したら?

どっちがホンマなん?

なんでこんな寂れた商店街でやってるの?

など。

真面目に返答するのが恥ずかしくて、冗談を言ったりして、お答えしているのですが、本当のところは・・

もし良ければ、読んでください。

この地で、父が開業したのは昭和37年。商店街といっても数店しかなく、周りにはスーパーやマンション、団地もない時代。

「なんで、こんな寂しい所に店なんか建てたんや」とよく言われたそうです。

当時、実家の駒川商店街にある矢野時計店から独立した父は、資金がないゆえに、信用組合や問屋から、運転資金や器具、商品まで、全て借り物でのスタート。

そこから紆余曲折があり・・・お客様に支えられ40年。

大手眼鏡店に勤務していた三男坊の僕が、亡き父の跡を継ぐことになってからさらに10年が経ち、創業50周年という節目を迎えるにあたって、心機一転、古くなった店舗を全面改装することに。

正直、不安だらけの再スタートでした。

にぎやかな場所に移転しようか?
SS級認定眼鏡士という資格を前面に押し出し、メガネの矢野 に改名しようか・・・など。

自分でも悩みましたし、父の時と同じように「なんでこんな所に~」と周りからもたくさん言われました。

しかし、この仕事を【ビジネス】とするのか【家業】とするのか。

答えを後者にしました。

良いものをお客様に届けたい。
お客様に喜んでいただく。
お客様に不必要なものは提供しない。

こんな当たり前のことが、今の時代、難しくなってきているように感じます。

だからこそ
この基本姿勢を、貫き通す覚悟で、屋号を【有限会社 矢野時計店】 のままにすることにしました。

うまく宣伝やビジネスは出来ないですが、精一杯これからも頑張ります。

つたない文章を、長々と読んでいただき有難うございました。

代表取締役 矢野貴夫