なんとアクセス数が

なんとアクセス数が増えている?!

これはどうしたことでしょうか。

Mazzucchelli1849-Factory-text_1024x1024.jpg

みなさんメガネフレームの生地に興味がある…わけないか(笑)

たまたまですね。はい、分かっております。

さて、今までセル生地のことを書いてきたわけですが、実は

IMG_マツケ 型抜き

メガネフレームとして使うのは約3割ほどで、あとは廃棄となります。

もったいないですよね。

廃棄寸前の物を頂きました。店に置いてますのでまた見てくださいね。

IMG_マツケリ破材

最近はエコの観点から

IMG_マツケリジュエリー

生地を使ったアクセが登場しました。ボクもピンバッチを愛用♪

あ、少し話がズレたので、元に戻しますっ。

そこから、メガネの形にカットした後、研磨に移ります。その時に使うのが

IMG_バレル研磨

バレル(通称ガラン)とよばれるこの機械。

ガラガラ抽選箱のようにクルクル20~24時間回します。

IMG_バレルウッド

中に入っているのはウッドチップ。

IMG_ウッドチップ

竹や胡桃など、フレームの素材や工場によって使うウッドはそれぞれ。

これが終わってやっと、組み立てです。が、このままでは

IMG_合口調整

合口-あいくち(フロントとテンプルの繋ぎ目)が綺麗ではないので

画像の説明

職人さんの手作業で磨いて

画像の説明

磨いて

画像の説明

これでもかというぐらい、磨きたおして

2020-TURNING T180 C03

TURNING T180 C03

やっと完成となりますっ。

こちら谷口眼鏡の- TURNING-ターニング というフレーム。

鯖江でも「磨きの谷口」と呼ばれるほど見事な作りをしているんですよ。

そんなフレームを当店はこれからもお客様にお届けしてまいります。

おしまい。

前の記事

じゃ~ん!

次の記事

鯖江の工場で