非常持ち出し袋 – ブログ – 有限会社 矢野時計店 ホームページ SS級認定眼鏡士 -大阪市阿倍野区-

はじめてお越しくださいました H sama

遠視性乱視で視力は0.1~0.15 
しかし理由があって、めがねを掛けるのを止めていたそうです。

その理由をお聞きすると、最近、地震やら天災が多いのでイザという時に、ボンヤリとでもいいのでメガネなしで行動できるように、とのコト。

なるほどぉ~と思いながらも、

「眼の筋肉を使わないでいると、視力が落ちてしまいますし、視力が出にくくなりますよ。
たとえば普段歩かない人が、急に走ろうと思っても足がもつれてしまうのと同じなんですよ」と説明させて頂きました。

そうなんです。眼を動かすのも筋肉なので、目に合ったメガネを掛けて、働かさなければならないのです。

H sama これからはずっとメガネを掛ける習慣をつけるとおっしゃってました。

それはそうと最近、地震があったり噴火したりイヤですよねぇ
みなさんは災害時の用意をされてますでしょうか?

ウチは今日、『非常持ち出し袋を再確認しておこう』と、引っぱり出してきました ↓
非常持ち出し袋

う~ん。顔は笑ってるケド、重たい・・・
中を確認すると、子供たちが小さい時の洋服やら、期限切れの水やら。

H sama のおかげで、再確認することが出来、無事、入れ替え完了しました♪

みなさんの非常持ち出し袋には「めがね」入ってますか?

過去の記事を読んでいただくには →こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です